English

お気軽にお問合せ下さい!! 043-440-3666

  • 入門案内
  • 指導の流れ
  • Q&A
  • Q&A

我流会

指導の流れ

FLOW

稽古に参加される方は、それぞれに目的を持って参加されています。

  • ・護身術を身につけたい
  • ・本格的に空手を身につけたい。黒帯をとりたい。
  • ・体力をつけたい、健康の為、運動不足解消
  • ・ダイエット
  • ・ストレス解消
防具

等目的も様々で、入門時点の体力、空手経験の有無等状況はそれぞれ異なります。

「極真空手 我流会」では、経験豊富な指導員が、入門者の目的や状況に応じて、 指導を行いますので、初めての方、体力に自信の無い方なども安心して稽古に参加してください。

なお、稽古の最初には必ず、柔軟体操を行い怪我の予防に努めます。 その後、空手の伝統的な基本稽古を行い、休憩をはさみ、移動稽古、型稽古、二人一組でミット稽古などを行います。 最後に組手稽古(スパーリング)を行いますが、お互い怪我防止の為しっかりした防具を着けて行うので安心してください。 経験豊富な指導員の指導の下、上級者は力加減を考えながら、初心者は技を沢山だすように心掛けながら稽古を行います。 極真空手に興味のある方は、まずは見学や無料体験にご参加ください。

稽古の基本の流れ

FOUNDATIONS

基本的な稽古の流れを紹介します。
(指導の状況等によって、一部内容が変更になる場合もございます。 )

  • 1.準備運動
  • 2.基本稽古(立ったままの手技、足技、受け技の稽古)
  • 3.移動稽古(移動しながらの手技、足技、受け技の稽古)
  • 4.型稽古(各種移動稽古を組み合わせた型の稽古)
  • 5.約束組手(攻撃技、受け技の対面式稽古)
  • 6.組手稽古(スパーリング)(約束組手の稽古を生かしたスパーリング)
  • 7.体力補強(腹筋、背筋、拳立て、スクワットなど)
  • 8.黙想、挨拶
稽古
準備運動

極真空手に限らず、準備運動を行わずに激しい運動を始めるのはけがのもとです。
極真空手 我流会の稽古においても、稽古の始めには必ず、ストレッチを含む極真空手流の準備運動を行います。
本格的な動きの稽古に入る前のウォーミングアップとして、とても重要な意味がありますので、軽く考えず、しっかりと正確に実施することで、怪我の予防や柔軟性の向上につなげてください。

基本稽古

まずは、体の移動をせずに空手独特の決められた立ち方になります。
その場で手技(突き・受け・手刀等)と足技(蹴り)の基本的な動き・体の使い方を稽古します。

移動稽古

次は、空手独特の立ち方から体を移動しての手技・足技の稽古を行います。
ここで行う動きは体の移動は伴いますが、実践の動きとは異なります。
決められた立ち方と動きで稽古を行うことにより、戦う際の体の動かし方の基礎を身に着けます。

型稽古

空手には、受けと攻撃を組み合わせた「型」という稽古方法があります。
入門者の目標や習熟度、体力等に応じた「型」を稽古することで、前後左右斜め等様々な方向からの受け(防御力)を身につけると同時に、 極真空手と独特の攻撃方法や体の使い方と同時に動作の意味を学びます。

約束組手

実際に相手と相対し、決められた技の出し方及びその防ぎ方等を動きの中で行っていくものです。
この稽古からは怪我防止のため、お互いが手足にクッション性のある「サポーター」「グローブ」等を着用して行います。
お互いのための良い稽古となる様、正確に最初は軽くゆっくりとした動きから行っていきます。

組手稽古

実際に相手と技を出し合い、動きの中で攻防の仕方を稽古していきます。
一般的には道場内では近年「スパーリング」と言って、お互い軽めの動きの中で攻防の技術を学んでいく形がメインとなっており、全力の組手は昇級審査や試合以外では余り行いません。
道場では各人の体格差・体力差がありますから、誰もが毎回組手稽古を全力で行う事は、決して各人の技術の向上につながりません。
お互いが技術向上のためのパートナーとして尊重し合い稽古していくことが何よりも大切であると考えます。